header_corazon

二度目の

2011年03月21日

110320_1952~01.jpg春のG1ニュージャパンカップは四年ぶりに優勝することが出来ました。

シリーズ中に東北関東大震災が起こり四大会ほど延期になりました。

被災地で苦しんでいる人々がたくさんいる中で、試合をやることに選手の中でも葛藤があったと思います。

僕自身もちょっとだけ葛藤していた一人でした。

浜松、名古屋、尼崎と三大会やってみて思ったのは、会場に来てくれたファンの皆さんはいつも以上に声援を送りプロレスを楽しんでいました。

そして義援金募金箱にたくさんの人々が並んで募金してくれていました。

特に今日の尼崎のファンの人々は震災の苦しみをじかに感じて知っている人々で、例年以上にお客様が来場してたし、募金の列が凄かったし、物凄い盛り上がりでした。

僕らが全力で戦い、震災で暗い気持ちになったファンがプロレスを見て元気になり、興行収益や集めた募金を被災地に送るのは、素晴らしいプロレスのパワーだと思います。

改めてプロレスは素晴らしいと思えたし、今日の大会で優勝出来てファンとともに大きなプロレスのパワーを作り上げれたと実感出来たことを誇りに思います。
posted by 永田裕志 at 00:55 | 日記
spacer.gif
spacer.gif